グーグルが開発した人工知能が囲碁で世界トップ棋士に勝利!!解説者「32分も残して負けるなんて信じられない」


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

米グーグル傘下の人工知能(AI)開発会社ディープマインドが開発した囲碁のAI「アルファ碁」と、世界トップレベルのプロ棋士である韓国の李世ドル(イ・セドル)九段との五番勝負の第1局が9日行われ、アルファ碁が勝利しました。また2戦目も「アルファ碁」が勝利しました。

Sponsored Links

アルファ碁は昨年10月、欧州王者に3度輝いた中国のプロ棋士、ファン・フイ氏と対戦し、5戦全勝しており、さらにレベルの高い李九段との今回の対局に注目が集まっていました。

李九段は対局後の会見で、負けたことに驚きを示し「アルファ碁がこのような完璧なゲームをするとは思わなかった。非常に素晴らしいプログラムであり、開発したプログラマーに敬意を表したい」と語りました。

対局解説を行った朴正祥(パク・チョンサン)九段は「人間と人間の勝負なら、もっと前に降参していてもおかしくない状況」「李九段が対局に勝つのは難しくなった。(アルファ碁が)去年10月に見せた実力はこれ程ではなく、技量が向上している」と付け加えと語りました。

また、現場解説を担当した金成竜(キム・ソンリョン)九段は「持ち時間が32分も残っている状況で負けるなんて信じられない。アルファ碁は、盤面全体を掌握して(囲碁を)打っているようだ」と語りました。

ディープマインドの共同創設者で最高経営責任者(CEO)のデミス・ハサビス氏は「われわれは月面に着陸した」と述べ、「開発チームのことを誇りに思う」と語りました。

「アルファ碁」と李九段との対決は15日まで計5戦を実施される予定で、勝ち越した側に賞金100万ド­ル(約1億1300万円)が贈られます。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, アニメ・マンガ・ゲーム, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)