最強囲碁棋士が初勝利!!人工知能「アルファ碁」がトップ棋士に3勝1敗に!!囲碁3000年の歴史覆る!?


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

米グーグル傘下の企業が開発した囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁(AlphaGo)」と韓国のプロ囲碁棋士・李世ドル(イ・セドル)氏(33歳)による5番勝負の第3局が12日、韓国ソウルで行われ、アルファ碁が勝って3連勝しました。続く第4局が13日に行われ、李氏が初勝利しました。

アルファ碁は4時間余りで李氏を下しました。李氏は18の国際的なタイトル保持者で、現代最強の囲碁棋士の1人。これまでアルファ碁にやられていましたが、ここで一矢を報いました。

Sponsored Links

李氏は第3局の対局後の記者会見で「何と言っていいか分からないが、まず謝りたい」と意気消沈した様子で語りました。「多くの人たちの期待に応えられず、申し訳ない。私の力不足だ」として、アルファ碁の能力を「見誤っていた」ことを認めました。

一方、アルファ碁を開発したグーグル傘下のAI開発企業ディープマインドのデミス・ハサビス最高経営責任者(CEO)は、「正直いうと、あっけに取られていて言葉が出てこない」と笑顔でコメントし、李氏の敗北を、人類がコンピューターに敗北したというマイナスイメージで捉えるべきではないと強調し、次のように述べました。

「アルファ碁の開発に使用した手法には汎用性があるため、私たちはいつかこの技術を他の多くの問題解決に生かせると考えている」

ハサビス氏は、アプリケーションを電話のさらなるスマート化に利用する他、「研究者らの一助となって、医療やその他の分野の世界で最も難しい問題の解決にもつなげたい」と意欲を語りました。

第4局では、アルファ碁側が180手で、自ら負けを申し出て対局を終える「投了」を行い、白い碁石を使った「白番」の李九段の「中押し勝ち」となりました。

「イ・セドル」コールが起きる中、李九段は記者会見で「1局勝ってこれほど祝ってもらったのは初めて。何物にも代えがたい価値ある1勝だ」と喜びを語りました。

特定のタスクを処理するのではなく一般的で多目的の知能──さまざまなインプットに基づいた人間の論理的思考や自己学習に似た知能──を開発することがAIの究極の目標。

囲碁は3000年前に中国で生まれ、2人のプレーヤーが19の路盤で黒と白の碁石を使ってより多くの領土を取り囲むことを競うボードゲームですが、グーグルの開発者が目を付けたのは、より「人間らしい」手法が単なる計算能力を上回るということでした。

アルファ碁は、より人間らしい方法でデータを処理する2つの「多層構造のニューラルネットワーク」で、人間の棋士であれば直感的に無意味だと分かる無数の指し手を排除し、また対局の経験から学習して自らを改善するようにできています。

韓国ソウルでアルファ碁の勝利を見届けたグーグルの共同創業者セルゲイ・ブリン氏は優れた棋士の碁を見るのは「美を見るのに似ている」と述べ、「コンピュ­ーターにこのような美を植え付けることができたということに非常に興奮している」と語りました。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, アニメ・マンガ・ゲーム, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)