髪の毛も復活!?iPS細胞で皮膚まるごと再生にマウスで成功!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

理化学研究所(理研)などのチームは、マウスのiPS細胞を使い、毛を生み出す「毛包」や皮脂腺などを含む皮膚全体をまとめて再生することに成功しました。やけどや重度の脱毛症などの治療に役立つ可能性があるといいます。論文が1日付の米専門誌「サイエンス・アドバンシズ」に掲載されます。

Sponsored Links

皮膚は表皮や真皮などの層状になっていて、毛包、皮脂腺、汗腺などが含まれます。ヒトの皮膚から表皮のみを培養してやけどの治療に使う再生医療製品はありますが、複雑な構造をした皮膚全体をまとめて再生したのは初めてといいます。

理研多細胞システム形成研究センター(CDB)の辻孝チームリーダーらは、マウスiPS細胞を培養し、皮膚の様々な組織のもとになる細胞の塊を作製。この塊を複数個、コラーゲンの中に入れるなど独自の方法でマウスの体内に移植すると、一部で通常と同じような構造の皮膚が再生されました。その部分を別のマウスの皮膚に移植すると生着しました。毛が生え替わることも確認されました。

辻さんは「ヒトiPS細胞でも同様に皮膚をまとめて再生することは可能だろう」と話します。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)