マウスの少量の尿からクローンマウスを生み出すことに成功!!絶滅危惧種の救済に!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

山梨大の研究グループは、少量の尿に含まれる細胞から同じ遺伝情報を持ったクローンマウスを誕生させることに成功したと発表しました。グループは「個体に全く傷をつけずにクローンを作れるため、絶滅危惧種の救済に役立つ可能性がある」と説明しています。1日付の英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)に掲載されました。

Sponsored Links

クローン動物を作るには、核を抜いた卵子に対象動物の体細胞の核を注入しますが、一般的には手術などで体内から取り出された細胞を使います。しかし、野生の動物などは人に慣れておらず、押さえつけるだけで死ぬこともあり、同大の若山照彦教授(発生工学)らのグループが動物から簡単に細胞を取り出す方法を探っていました。

尿には卵管や精管、尿管などの細胞が含まれており、飼育しているマウスから採取し、細胞を選んで卵子に注入したところ、クローンマウスを作ることに成功。そのクローンマウス同士による繁殖も確認されたといいます。これまで無菌状態の動物から採取した尿に含まれる細胞を増殖させてクローンを作製した例はありますが、尿から直接採取した細胞からマウスを誕生させたのは初めてといいます。

成功率は1~3%(平均は1.3%)とやや低めですが、若山教授は「低い原因や排尿からどれくらいまでの尿が使えるのかを検討し、実用の可能性を探っていきたい」としています。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 技術・実験, 科学 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)