液体と固体を同時に3Dプリントできる3Dプリンターで作られた油圧ロボットがスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカのマサチューセッツ工科大学のテクノロジー・コンピュータ科学人工知能研究所の研究者は、液体と固体を同時に出力することができる3Dプリンターを開発することに成功しました。この3Dプリンターを用いれば、油を内蔵した油圧式に動くロボットなどを作ることができるといいます。

Sponsored Links

通常の3Dプリンターは、プラスチックなどの素材を成形することで3Dプリントを実現します。そのため液体を内部に閉じ込めるようなことはできません。

しかしこの3Dプリンターは、UV光にさらされたときにだけ硬化するゲルを使用。そのため内部を液体化したまま、外部を固体化できます。

この構造を利用すれば、油圧ポンプのような構造体を3Dプリントすることが可能となります。動画には油圧ポンプを内蔵したロボットが登場しており、外部からポンプを動かすことでロボット全体を動かしています。

液体が動くことで物体が膨らんだり曲がったりする特性を利用すれば、これまでにない3Dプリンターの使い方が可能となりそうです。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, デザイン, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)