エリック・クラプトンの『いとしのレイラ』を2台の伽椰琴で演奏してみたカバー動画がスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

朝鮮半島の伝統絃楽器「伽耶琴」の演奏者ルナさんは、エリック・クラプトンの『いとしのレイラ』を2台の伽椰琴で演奏しました。以前は、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの『カリフォルニケイション』を演奏していましたが、今回も素晴らしいです。

Sponsored Links

誰もが一度は聞いたことのあるエリック・クラプトンの名曲『いとしのレイラ』のカバー。2台の伽椰琴を使いこなして、それぞれのパートを上手く演奏しています。伽椰琴を使い分けるときにもスピーディーに移動しており、曲を途切れさせることはありません。

「ギターの神様」「スローハンド」などと呼ばれるギターの名手であるクラプトンのギターソロにも負けないソロ演奏を披露しています。

こうして聞いていると、伽椰琴とエレキギターの音色がかなり似ていることにビックリしますね。雰囲気が大きく変わる後半部分が省かれていますが、少々惜しい気もします。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 文化, 芸能 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)