ロケットに搭載された小型カメラがとらえた宇宙映像が面白い!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2015年11月6日、UPエアロスペース社は全長6mのSL-10ロケットを打ち上げましたが、その際に撮影された小型カメラの映像をご紹介します。高度12万700mに到達したロケットをご覧ください。

Sponsored Links

打ち上げられたロケットは、みるみる地上から離れていきます。そして空に舞いあがると、地球が青く見え始めます。

高高度に到達すると、カプセルを切り離してロケットとしてのミッションは終了。バラバラになったロケットを見送りながら、カメラはパラシュートで帰還しました。

なかなか見ることができないロケットの発射から帰還までをとらえた映像でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)