1500万年じゃんけんを続けてきた3色のトカゲが面白い!!同種なのに色によって性質が違う!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

北アメリカ西部に生息するこのトカゲ「ウェスタン・サイドブロチェド・リザード」は、体の色によって複雑な交配戦略を行っているユニークなトカゲです。彼らは、1500万年にわたって体の色による「じゃんけん」で、厳しい生存環境を生き抜いてきました。

Sponsored Links

「ウェスタン・サイドブロチェド・リザード」のオスの個体は、同種でありながら青色、黄色、オレンジ色の3つの色の種類がいます。それぞれの色によって役割が異なり、まるで「じゃんけん」のような三すくみの関係にあります。

青いトカゲは、1匹のメスと一生を共にし、狭いエリアで生息する一夫一婦型。黄色いトカゲは、さまざまなメスと交配して特定のエリアを持たない徘徊型。オレンジ色のトカゲは体が大きく多くのメスと交配して、広範囲のエリアで生息する一夫多妻型です。

この3種は三すくみの関係にあり、青いトカゲは1匹のメスと常に行動するためメスを奪われにくく黄色いトカゲより強く、黄色いトカゲは多くのメスを持つため隙が多いオレンジ色のトカゲに強く、オレンジ色のトカゲは広範囲の領域と大きな体を持つため青色のトカゲに強い関係にあります。

このじゃんけんを思わせる三すくみは、厳しい環境の中で非常に有効に働き、異なる方法でメスにアプローチすることで安定して子孫を残すことができます。また1種が増えるとその種に強い種が増加し、絶妙なバランスを保つことができます。

その結果、3色のトカゲたちは1500万年もの間、メスを奪い合う激しい攻防戦を続けてきました。

同じ種類であっても行動の傾向が異なる理由は、生存競争の結果なのかもしれませんね。このトカゲたちの性質の違いは、人間にも当てはめることができるかもしれません。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 科学, 自然 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)