人種のるつぼ「アメリカ合衆国」に各国からどのように移民が集まってきたのか再現したシミュレーション動画が面白い!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

「人種のるつぼ」として知られるアメリカ合衆国ですが、いったいどのようにして各国から移民が集まってきたのでしょうか。今回は、1820年からどのように移民が集まってきたのか再現したシミュレーション動画をご紹介します。

Sponsored Links

さまざまな国からアメリカへと流れ込む移民。1800年代なかばまでは西ヨーロッパとカナダが移民の中心です。

しかし1800年代後半から1900年代前半にかけて中国や東欧からの移民が急増。1900年代なかばからは、メキシコからの移民が拡大し、南米へと広がりヒスパニックが増加します。

1900年代後半から2000年代前半は、メキシコがもっとも多いものの、アジア各国からの移民が増加しています。

こうして見ると、経済的に発展していない国の人々がアメリカンドリームを夢見て集まっていることが分かりますね。アメリカの強さは、移民たちのハングリー精神が原動力になっているのかもしれません。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 技術・実験, 歴史 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)