身近な道具だけで簡単に作れるスマートフォンの自作タッチペンの作り方


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

スマートフォンやタブレットが普及して、日常的にタッチパネル操作をする機会が増えましたが、指が痛くなったり気軽に操作するためにタッチペンが欲しくなることがあります。そこで身近な道具だけで簡単に作れるスマートフォンの自作タッチペンの作り方をご紹介します。

Sponsored Links

必要な材料は、ペン、セロテープ、ティッシュペーパー、お菓子の包装紙(銀紙)です。

作り方は簡単で、ペンの先端にティッシュペーパーをテープで固定します。そしてお菓子の包装紙のアルミ部分をペンの先端に巻き付け、最後にテープで固定すれば完成です。

タッチペンの原理は、静電気がパネルの表面を流れることで反応する仕組みとなっています。そのため、包装紙のアルミを手で触れた状態で、アルミ部分がパネルに触れると反応します。

そのため包装紙の代わりにアルミ箔、ペンの代わりに割りばしなどを使うこともできます。

知っておけば役に立つタッチペンの簡単な作り方でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, ガジェット, デザイン, ライフハック, 国際, 技術・実験 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)