アメリカ人が1908年の日本の日常をとらえたモノクロ写真14点が興味深い!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ドイツ生まれのアメリカ人写真家アーノルド・ゲンツは、1908年に日本で6カ月を過ごしました。今回は、その間に撮影された日本の日常をとらえた写真14点をご紹介します。

Sponsored Links

日本は第二次世界大戦に参戦したことで、国土の多くが荒廃してしまいましたが、この写真はその前の明治時代に撮影されたものです。

人々は基本的に着物を着ていますが、ところどころに欧米文化の影響を見ることができます。

飾り気のない当時の人々の何気ない日常を垣間見ることができますね。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 文化, 歴史 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)