グレートバリアリーフの北部と中部でサンゴの35%が死滅!!気候変動が影響か!?


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

オーストラリアの科学者らは30日、世界遺産であるグレートバリアリーフについて、北部と中部でサンゴの35%が大規模な白化現象により死滅しているとの調査結果を発表しました。

Sponsored Links

科学者らは先月、白化の被害を免れているサンゴ礁はグレートバリアリーフ全体のわずか7%だとし、特に北部の状況について強い懸念を示していました。

その後、上空と水中で詳細な調査を行った結果、白化の影響は当初の予想よりも深刻であることが分かったといいます。

白化現象は海水温の上昇により発生するもので、軽度であれば海水温の低下に伴い回復が可能ですが、そうならない場合はサンゴが死滅する可能性があります。

科学者らは、過去20年近くで最強レベルのエルニーニョ現象が白化の影響拡大につながったものの、根本的な原因は気候変動だとしています。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際, 自然 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)