テスラの自動運転で初の死亡事故で当局が機能を調査へ!!1ヶ月前には自動運転絶賛動画撮影!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

米道路交通安全局(NHTSA)は30日、米電気自動車メーカー「テスラ・モーターズ」の乗用車が自動運転機能作動中に死亡事故を起こしたとして調査を始めたことを明らかにしました。自動運転機能の事故時の作動に問題がなかったか調べます。米メディアによると、自動運転機能作動中の初めての死亡事故とみられるといいます。

Sponsored Links

NHTSAによると事故は5月7日、米南部フロリダ州の高速道路で発生しました。自動運転機能を作動させて走行中のセダン車「モデルS」の前方に、横切るようにトレーラーが進入。テスラによると、強い日差しのため運転手も自動運転機能もトレーラーを認識できず、ブレーキが作動しないままトレーラーに潜り込む形で衝突。運転していた男性が死亡しました。

テスラの自動運転機能はセンサーなどで周囲を把握し、高速道路で指定通りに車間距離や速度を保って走行します。同社は運転手にハンドルを握るよう求めており、完全な自動運転ではなく操作を支援します。同社は「運転手は完全に車両を制御でき、責任は運転手が負う」としています。日本でも1月、国土交通省の承認を得て自動運転機能用のソフトウエア配信を始めました。

同社によると、自動運転機能は1億3000万マイル(約2億㎞)の走行実績があり、死亡事故は初めてといい、今回は「非常にまれな状況だった」と指摘。「機能は改善しているが完全ではなく、運転手は常に警戒が求められる」との声明を出しました。

問題が見つかれば調査の段階を上げ、リコール(回収・無償修理)に発展する可能性もありますが、NHTSAは現時点では「欠陥があるともないとも解釈されるべきではない」としています。

ちなみに死亡した男性は、死の1ヶ月前に運転機能を紹介する動画を撮影し公開していましたが、左から割り込んできたトラックに自動車が反応している様子が確認できます。事故の状況と類似しており、もしかすると男性のこの経験による「慣れ」が注意力を散漫にして衝突への反応を遅らせたのかもしれません。

参照

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: その他, 乗り物, 事件・事故, 国際 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)