遺伝子組み換え技術「クリスパー」は神の御業か悪魔の所業か!?遺伝子工学が人類に与える影響を教える解説ムービーが考えさせられる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

古来より人類は求める性質を持つ生き物を数世代にかけて交配することで遺伝子を操作し品種改良を行ってきました。この方法により、植物を作物化、動物を家畜化することによって現代の繁栄の礎を築きました。

現在、そんな遺伝子の操作技術が凄まじい勢いで発展を遂げ、人間には扱いきれないものへと変貌しています。今回は、遺伝子工学が人類に与える影響を教える解説ムービーをご紹介します。

Sponsored Links

コンピュータの発展は目覚ましいものですが、そのコンピュータの発展と同じようなスピードで発展しているのが遺伝子工学です。

これまで人類は数千年にわたって品種改良を行ってきましたが、その仕組みは不明でした。しかし現在、その仕組みが解き明かされ遺伝子操作を行うことができるようになりました。

60年代から始まった遺伝子実験は、70年代に遺伝子組み換え技術を生み出すまでとなり、現代では遺伝子組み換えによってさまざまなものを作り出せるようになりました。

遺伝子組み換えによって生み出された食品には特定の性質を付加させることもできるようになり、その技術は人間にも利用されるようになりました。

身近になった遺伝子工学は「クリスパー」と呼ばれる新技術により、遺伝子組み換えにかかる費用と時間が大幅に下がり、誰でも扱えるものとなりました。

最新の遺伝子工学を駆使すれば、あらゆる病気を撲滅させることができ、デザイナーベイビーを作り出し、永遠の命を手に入れることができるようになるかもしれません。

しかしこの技術は諸刃の剣。生命の選別を促進させるという倫理的問題も孕みます。また現時点で「クリスパー」は不確かな部分が多く、悪用されたときには取り返しのつかない悲劇を引き起こす可能性もあります。

ただし科学に対して悲観的な見方ばかりをして研究を止めてしまうのは間違いで、今後も研究を進めて有用な使い方を模索していくことが最良と言えそうです。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)