いつまで続くの!?バドミントンの歴史上で最も長いラリーがスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2013年に開催されたバドミントンの世界選手権の準々決勝で繰り広げられたバドミントンの歴史上で最も長いラリーをとらえた映像をご紹介します。これほどラリーが続くとは誰も予想していなかったでしょう。

Sponsored Links

男子シングルスで起こったこの珍事。ベトナムのティエン・ミン・グエン選手とデンマークのヤン・O・ヨルゲンセン選手が繰り広げました。

ラリーが始まると、危うくなる場面もあるものの2人とも上手く凌いでラリーを続行。粘り強い試合運びを続けます。

あまりにラリーが続くため観客も次第に興奮。最後はラインギリギリにシャトルが落ち、勝敗を決しました。

お互いに攻めているにも関わらず、ここまで続くラリーはスゴイですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: スポーツ, 国際, 技術・実験 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)