アメリカの犬市長デビッド・リック、デューク氏が市長選で圧勝して3回目の当選!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ・ミネソタ州の町コーモラント市で市長選が行われ、前任の市長だった9歳のグレート・ピレニーズ犬デビッド・リック、デューク氏が圧勝で再選し、再び市長に当選しました。2期を務めたデューク市長の人気は健在で、デューク市長のガールフレンドであるラッシーちゃんに投じられた1票を除いて市民の全てがデューク市長に投票しました。

Sponsored Links

初当選時の映像

デューク市長が初めて選挙に出たのは2014年、7歳のとき。初当選時は、人間の候補者に50%以上の得票差をつけて市長となりました。

デュークはアメリカで唯一の犬の市長とのこと。今回の当選について、選挙運動が多忙を極めたためデューク市長はインタビューには答えておらず、コメントは得られていません。現在、3期目の市政のために準備を整えているといいます。

飼い主によると、デューク氏の仕事は明日も変わらず、農場で忙しく働くとのことです。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 政治・法律, 文化 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)