落雷によって300頭以上のトナカイが感電死する事件がノルウェーで発生!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ノルウェー南部に位置し、国立公園に指定されているハダンゲルビッダ高原で、300頭を超えるトナカイが落雷で死ぬという珍しい出来事がありました。当局が29日、明らかにしました。

Sponsored Links

ノルウェー野生トナカイセンターによると、ハダンゲルビッダ高原は、野生のトナカイ約1万頭が生息し、欧州最大の生息地となっています。

26日に発見されたトナカイの死骸は323頭に上り、幼いトナカイ70頭も含まれていました。映像には、密集して横たわるトナカイの死骸が映っています。

ノルウェー環境省の職員によるとこの日、高原一帯は非常に強い嵐に見舞われていました。トナカイはもともと社会性が高く群れで行動し、悪天候の際には身を寄せ合う習性があるため、一斉に雷に打たれたのではないかといいます。

トナカイが落雷を受けること自体は珍しくありませんが、これだけの数が一斉に打たれることは非常に珍しいといいます。

予備

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 動物, 国際, 自然 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)