落とし穴で魚を捕まえるカンボジアの伝統漁法が面白い!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

湿地帯の多いカンボジアならではの落とし穴で魚を捕まえる伝統漁法をご紹介します。非常にユニークな方法ですが、待っているだけで魚を捕まえることができます。

Sponsored Links

通常、魚を捕まえるには釣り糸や網を使いますが、この漁法ではクワを使います。

沼と沼の境目にやってくると、無造作に穴を掘ります。そして深い穴を掘った後は周囲を泥で固め、穴に続く水路を作ります。仕掛けが完成すると、穴の上に草や小枝を置いてカモフラージュして待ちます。

12時間後、穴の元へとやってくると、なんと穴の中に大量の魚が入っていました。どうやら魚は沼と沼を渡り歩いているようですが、通れると思った水路を進むことで穴に落ちて逃げられなくなるようです。

非常にユニークなカンボジアならではの落とし穴漁法でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 自然 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)