発汗することで発熱して連続腕立て伏せができる人型ロボット「ケンゴロウ」を東京大学が開発!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

東京大学情報理工学系研究科・情報システム工学研究室(JSK)は、発汗することによって人間のように発熱を促し、11分間の連続腕立て伏せができる人型ロボット「ケンゴロウ」を開発しました。腕立て伏せを続けるロボットをご覧ください。

Sponsored Links

研究者たちは、ロボットを効率的に冷却するためのシステムを探していました。そこで考え出されたのが、人間の発汗メカニズムを模した機構でした。

ケンゴロウのボディは、多孔質素材フレームで構築されています。ケンゴロウが激しく動くと180個のモーターが発熱しますが、発熱を感知すると水が供給されてフレーム内にスポンジが水を吸うように蓄えられます。そして熱によって水が蒸発することでフレームが冷却され、ボディが冷やされるという仕組みになっています。

映像を見ると、まるで人間のように滑らかに体を動かしており、腕立て伏せを行っている様子が確認できます。

発汗によって熱を放出するというアイデアが非常にユニークですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)