ナチスの基地「トレジャーハンター」をロシアの科学者が北極で発見!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ロシアの科学者は、ナチス・ドイツが1942年に北極で建設したとされる「Schatzgraber」もしくは「トレジャーハンター」と呼ばれていた基地の残骸を発見しました。この基地は、アドルフ・ヒトラーが熱を上げたとされている「古代遺物の発見」のために設置された可能性も指摘されています。

Sponsored Links

基地の残骸を発見した場所は、ロシアの最北部に位置するアレクサンドラ・ランド。この地域は、捕鯨の漁場としてノルウェーなど数か国と奪い合われていた場所でした。

残骸の中には、軍服、家庭用品、気象観測装置、廃棄されたガソリン缶、文章が書かれた紙、銃弾などが含まれており、500個以上の残骸を回収しました。

1930年から1990年の間、この基地だけが唯一の建物として存在していました。

ナチス・ドイツは、この地域を北部における軍事作戦の要所と考えており、「トレジャーハンター」は気象基地として設置されました。ところが基地の管理者が回虫を持つホッキョクグマの肉を食べたことで病気に感染し、基地は放棄されました。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 建造物, 歴史 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)