マヒした足を脳インプラントを用いて電気信号送ることでサルが再び歩けるように!!3年後には実用化!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

サルの脳に埋め込んだインプラントチップで歩行時の体の動きに関する電気信号を読み取り、脊髄を切断したことで動かなくなった足に外部から電気信号を流すことで自然に歩かせることに成功しました。研究者によると、2020年までに人間においても同じ技術を用いることができるといいます。

Sponsored Links

脊髄が損傷すると、損傷部から先には電気信号が届かなくなりますが、チューリッヒ工科大学で開発されたこのシステムでは外部装置を用いることで電気信号を損傷部を通過させず迂回させることで体が再び動かします。

まずは脳から体を動かすために発せられている電気信号を脳に埋め込んだチップで読み取ります。チップで読み取った電気信号は、損傷した部分の先に埋め込んだコンピュータへと送られます。そしてコンピュータから電気信号が発せられ、神経に電気信号を伝達。動かなかった足の筋肉を動かして歩けるようにします。

動画を見ると、システムが動いていないときには足を引きずるように歩いているサルが、システムが軌道した途端に自然に足を動かして歩き出します。

電気を流して筋肉を動かすという仕組み自体は珍しくありませんが、このシステムではリアルタイムで体全体の動きと連動させてタイミングよく足を動かすことに成功しています。また歩行の際の足の動きは非常に複雑ですが、複雑な働きを上手く再現させることができています。

脊椎損傷によって体が不自由になる人間は、毎年25万人~50万人ほどに上るため、このシステムが人間に適用できれば多くの人を救うことができます。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)