トランプ氏当選に抗議でノーベル文学賞作家ウォーレ・ショインカ氏が米永住権を放棄!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ナイジェリア出身のノーベル文学賞作家ウォーレ・ショインカ氏(82歳)が、ドナルド・トランプ氏の大統領当選に抗議して米国の永住権を放棄したことを明らかにしました。ヨハネスブルクでの大学関連会合の会場で、1日にニュースチャンネルのeNCAに述べました。

Sponsored Links

ショインカ氏は先に、トランプ氏が勝利したら米国を去ると表明しており、それを実行したかとの質問に「実行した」と答えました。

ショインカ氏は1986年、アフリカ出身の作家として初めてノーベル文学賞を受賞。90年代半ばから米国の名門大学で常勤の教職に就いていました。

ショインカ氏は、父親がケニア出身であるオバマ大統領に言及し「アフリカ大陸において、われわれはアフリカ人の子孫が米国の指導者となったことを自慢できた。ところが、ある人物が突然、その快挙を覆すことを言い出した」と述べました。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 政治・法律, 文化 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)