瀕死状態の子犬を必死の心肺蘇生で助けようとする消防士が素晴らしい!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ルーマニアの火災現場で発見された子犬ですが、ピクリとも動かず瀕死の状態でした。そんな子犬を消防士たちは人間同様に扱い、心肺蘇生を試みました。果たして子犬は助かるのでしょうか。

Sponsored Links

子犬の体を濡らして意識を取り戻させようとする男性。しかし子犬は動きません。

そこで心臓マッサージと人工呼吸を行いました。それでも子犬の状態は好転しません。

それを見ていた消防士は、呼吸装置を使って子犬に酸素を送り、さらに心臓マッサージを開始しました。

その後、犬は息を吹き返したとのことで一命を取り留めました。

消防士が躊躇せずにすぐに心肺蘇生を行ったからこそ助かったのでしょうね。

予備

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 動物, 国際, 技術・実験 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)