清朝乾隆帝時代の皇帝印が史上最高の26億円で落札!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

18世紀中国、清朝時代の皇帝印が14日、フランス・パリで開催されたオークションに出品され、予想の20倍を超える2100万ユーロ(約26億円)で落札されました。仏競売会社ドゥルオが明らかにしました。これまで印につけられた最高額は、2011年に落札されたもので約1400万ユーロ(約17億3000万円)でした。

Sponsored Links

14日の競売に出品された印は、中国史上、最長の在位期間を誇り退位後も実権を握り続けた乾隆帝(在位1735~1795)時代のもの。赤と薄茶色の軟玉ヒスイ(ネフライト)に皇帝を象徴する竜の彫刻があしらわれた希少な印。

ドゥルオの説明によれば、側面に彫られた9頭の竜は皇帝の力と権威を表しています。激しい入札競争の末、匿名の中国人収集家が落札しました。

もとは19世紀後半に中国を訪れたフランス人の若い船医が入手したもので、それ以降も船医の家族が保管していました。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 歴史, 経営・経済 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)