韓国が開発した巨大二足歩行ロボット「METHOD-1」がスゴすぎる!!パイロットが乗り込み操作!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

日米ロボットがしのぎを削る中、ついに韓国まで巨大ロボットを開発してしまいました。パイロットがコックピットに乗り込んで操作できる韓国が開発した巨大二足歩行ロボット「METHOD-1」をご覧ください。

Sponsored Links

この巨大二足歩行ロボット「METHOD-1」は、韓国ソウルを拠点にしている韓国未来技術社が開発したもの・高さ4m、重さ1.36トンという巨大な機体で、胴体部分にパイロットが乗り込むことができるコックピットが備え付けられています。

長い手足は自由に動かすことが可能で、動画では自然な動きで歩き回っている様子が確認できます。

デザインを手がけたのは、『ロボコップ』や『トランスフォーマー/ロストエイジ』などの映画作品でロボットデザインを手がけたヴィタリー・ブルガロフ氏。そのためなのか、ロボットデザインは既視感があり『エヴァンゲリオン』や『パシフィック・リム』に似ているという声が上がっています。

操作方法もユニークで、コックピット内にある装置を体に装着することで操作する仕組みとなっており、パイロットの体の動きを模してロボットが動くようになっています。

2年前から極秘に開発が進められてきましたが、この日は歩行テストに成功しました。2014年から開発が進められており、昨年11月に最初のプロトタイプが発表されていました。

巨大なロボットですが、動きが非常にスムーズで完成度の高さに驚かされますね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: アニメ・マンガ・ゲーム, デザイン, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)