宇宙にほとんど残っていない「反物質」の測定に成功!!宇宙解明に向け第一歩!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

日本などの研究者が参加する欧州合同原子核研究機関「CERN(セルン)」の国際研究チームは、反物質の性質を精密に測定することに成功したと発表しました。反物質はほとんど宇宙に残されていない謎の物質でしたが、観測によって宇宙の謎を紐解くことができるかもしれません。

Sponsored Links

宇宙の誕生時、物質と反物質は同数あったと考えられています。しかし現在の宇宙には物質が大量にあり、反物質はほとんど存在しません。

「消えた反物質」は物理学の謎で、物質と反物質には「電気以外に異なる性質がある」という説がありますが、反物質は物質と触れると消滅するという性質を持ち、ビッグバンで大量に生み出されたと考えられていました。しかし物質に触れると消滅するという性質上、検証することが困難でした。

研究チームは、水素の反物質「反水素」を人工的に作り、磁場の中に高い効率で閉じこめる技術を開発。反水素にレーザー光を当てる方法で、反水素のエネルギーが変化する様子を、精密に測ることに成功しました。チームの石田明・東京大助教は「『物質優勢の宇宙』の解明に向け、第一歩を踏み出せた」と話しています。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)