道路が発電所!?太陽光発電道路がフランスに設置される!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

フランス・ノルマンディーで、1㎞に渡って発電可能な太陽光パネルを道路に埋め込んで道路で発電を行う「ソーラーロードプロジェクト」が開始されました。1日あたり平均767kWhの電力を生産し、夏期の発電量は1500kWhに達すると予測されています。

Sponsored Links

埋め込まれた約2880枚の太陽光パネルは特別製で、道路の面積は2800平方メートル。2000台の自動車の通行に耐えられる仕様で、シリコン製の保護樹脂シートで覆われており、タイヤが滑ることもありません。

フランスの環境大臣セゴレン・ロイヤル氏によると、今後2年間で住民3400人分の電気を賄うことができるといいます。またこの実験が成功すれば、発電道路をさらに延長して国内道路1000㎞分を発電道路に変えていきたいとしています。

ただしこの道路にはコスト的な問題があり、500万ユーロ(約6億1000万円)の費用が掛かっているとのこと。一部の専門家からは、プロジェクトに対して疑問が出ています。

この意見に対して製造元は、太陽光パネルの生産コストの削減を目指しているといいます。

大量生産されるようになれば、道路用太陽光パネルの生産コストも下がるでしょうが、それよりも道路ということもあり耐久性と発電量を維持できるかが今度の課題となりそうですね。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 建造物, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)