馬が飼えず乗馬ができない少女が乗牛を開始!!牛を見事に乗りこなせるように!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ニュージーランドに暮らすハンナ・シンプソンちゃんは、11歳のころ乗馬をしたかったもののあまりに馬が高価だったため両親に馬を買ってもらえませんでした。そこでハンナちゃんは、生後6カ月だった乳牛の子牛に乗り始めました。乗馬ならぬ乗牛を始めた少女をご覧ください。

Sponsored Links

現在では18歳となったハンナちゃん。乗り始めた子牛ライラックも7歳となりました。

両親が酪農家だったこともあり家には乳牛がいましたが、元々、乗馬経験がないハンナちゃんは、それまでポニーに2回とヒツジに1回しか乗ったことがありませんでした。そこでちょっとした遊びとして馬の代わりに牛に乗り始めたといいます。

ハンナちゃんも、牛を馬のように乗りこなせるとは期待せずに乗り始めましたが、ライラックは非常に優秀な牛でした。ハンナちゃんが何もしなくてもしっかりと走り、ハンナちゃんに障害物の乗り越え方を教えてくれたといいます。

ライラックは大きな体にも関わらず身軽な動きをすることができ、最大1.4mの高さの障害物をジャンプで跳び越えられるといいます。またライラックは丘を上り下りするのは苦手ですが、茂みを散歩したり、川を泳いだり、飛び跳ねたりするのは大好きだといいます。

牛の乗り方は独特なもので、鞍を付けようとしたもののライラックが嫌がったため直接背中に跨っているといいます。普通ならゴツゴツした背中は乗り心地が悪そうに思えますが、意外にも牛の背中は馬の背中よりも快適だといいます。

映像を見ると、ライラックに乗ってかなり速いスピードで走っていますね。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 乗り物, 動物, 国際, 技術・実験 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)