水道を止めずに水道管を修理しようとしてアパートを水浸しにする配管工がアホすぎる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

水のトラブルが起こったときには、まず水道の元栓を閉めるのが基本ということは素人でも知っていますが、この配管工は水道を止めるための遮断手数料150ドル(約1万8000円)をケチったためアパートを大洪水にしてしまいました。1万8000円どころではない大損害を被った水道修理をご覧ください。

Sponsored Links

水道を止めずに水道管に触ったため水が噴き出しています。洗面台の下から出る水は凄まじい勢いで、止めることができません。

配管工はどうにかして止めようとするものの水は止まらず、家主は掃除機で流れ出した水を吸い取ります。下の階の住民も水漏れに気付いてやってきますがどうすることもできず、部屋の中は水浸しになってしまいます。

配管工は、ホースで水を便器に流してその場しのぎするのが精いっぱいですが、その間も水が流れ続けています。

この大失敗によって、階下2部屋に数十万円規模の被害をもたらしたとのこと。配管工を選ぶときには、値段よりも実績や技術を重視した方がよさそうです。

予備

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際, 技術・実験 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)