正月太り解消できる!?装着するだけで1時間に1000キロカロリー消費できる筋肉痙攣装置「BionicGym」がスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

正月にご馳走を食べたことで太り気味になっている人も多いでしょうが、この装置さえあればすぐに体重を落とすことができるかもしれません。装着するだけで1時間に1000キロカロリー消費できる筋肉痙攣装置「BionicGym」をご紹介します。

Sponsored Links

商用電気筋肉刺激(EMS)を用いたデバイスはテレビの通販番組でこれまでにたくさん発売されてきましたが、どれも大した効果を得ることができませんでした。ところがこの筋肉痙攣装置「BionicGym」は、これまでの製品とは異なり革命的なもので、カロリー消費するための自然な筋肉の動きを再現できるといいます。

「BionicGym」を開発したのは、ルイス・クロウル博士。16年前に冷たい大西洋の中で体が凍えて震えているときに、このユニークな製品のアイデアを思い付いたといいます。

クロウル博士によると、寒かったときには激しく震えておらず、一定の速度で継続的に震えていることを発見。この震えこそカロリーを消費して体を温めるために最適な動きだとしています。またこの震えは筋肉の緊張が必要なものの関節の動きは不要で、運動せずにカロリーを消費できることを発見しました。

そんなクロウル博士の研究を応用して開発したのが「BionicGym」。装置を装着すると、1時間で1000キロカロリーを消費することができるといいます。

ただし「BionicGym」を使うことは筋肉に高負荷を与えるため、「BionicGym」を高強度で使うためには事前のトレーニングが必要だといいます。そのため初心者や高齢者は、歩行程度の筋肉痙攣レベルで使うことを推奨しています。

「BionicGym」は、資金調達サイト「INDIEGOGO」で資金提供が呼びかけられており、目標額の15倍にあたる30万ドル(約3500万円)を集めることに成功しています。また開発が順調に進めば、2017年11月ごろには、製品を出荷できるだろうとしています。

価格は、スタンダードタイプで349ドル(約4万円)、プロタイプで379ドル(約4万4000円)になるとのことです。

1時間に1000キロカロリーを消費できれば、ダイエットは捗りそうですが1時間耐え続けるのは運動する以上に大変かもしれませんね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, 国際, 技術・実験 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)