2300年前の刀剣が中国で発見される!!刀身の鋭さに考古学者も驚愕!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

中国河南省で発掘された古代人の棺の中から、2300年前の刀剣が出土して考古学者を驚かせています。刀身にはまだ光沢があり、2300年前の遺物とは思えないほど刃には鋭さがありました。

Sponsored Links

ほぼ完璧な状態で発見されたこの古代の刀剣。戦国時代(紀元前475-221年)に作られたものと考えられています。

古墳から発掘された棺を研究室で開いたところ、中には埋葬者の所有物と考えられる刀剣が入っていました。鞘は泥に覆われていたものの、丁寧に拭って刀身を引き抜くと、輝く刀身が姿を現しました。

研究者によると、この地域では状態の良い古代の剣が発掘されることは珍しくないといいます。その理由は湿潤な地域性にあり、古墳内が外界とは完全に遮断されているため武器の酸化を防いでいるといいます。

この古墳に埋葬されていた人物はまだはっきりとしておらず、調査は続行されています。

兵馬俑の兵士たちが持っている剣に形がよく似ていますね。2300年前に、すでにこれほどのレベルの技術を持っていたとは驚かされます。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 歴史, 科学 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)