超小型ドローンの103機編隊飛行に成功!!1000機で偵察飛行へ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

米国防総省は9日、全長約16㎝の超小型ドローンを開発し、103機で編隊飛行する実験に成功したと発表しました。低空での偵察飛行などに投入する計画で、カーター国防長官は「敵に一歩先んじる最先端の技術革新だ」と高く評価しました。今年中に1000機を製造し、次世代機の開発にも取り組む予定です。

Sponsored Links

実験は昨年10月、カリフォルニア州で実施されました。3機のFA18戦闘攻撃機が103機のドローンを投下、ドローンが編隊を組み飛行することに成功しました。

人工知能(AI)などを活用した新型ハイテク兵器を開発するため2012年に発足した戦略能力研究室(SCO)と空軍が、マサチューセッツ工科大学が13年に開発したドローンをもとに共同開発。全長約16㎝、翼幅約30㎝、重量は290グラムで、最高速度は時速111㎞に達します。線送信機、受信機、カメラなどを装備しており、航空機から投下するだけではなく、海上艦船や地上からの離陸も可能といいます。

オペレーターが指示した目的地に向け飛行しますが、経路はドローン自身が最適の解答を見つけて判断します。またドローン同士が相互に連絡を取り合う能力もあり、編隊飛行ができます。

編隊飛行が可能なら、爆弾などを運搬することもできそうですね。飛行ドローンが偵察だけでなく戦闘にも利用されるようになるかもしれません。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)