飲酒後にラーメン食べたくなる理由がマウス実験で明らかに!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

お酒を飲んだ後、ついラーメンやアイスクリームが食べたくなるのは、アルコールが食欲にかかわる脳の神経細胞を活性化させるためであることが、イギリスのフランシス・クリック研究所のグループがマウス実験で突き止めました。11日、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表されます。

Sponsored Links

アルコールは高カロリーのため、飲めば飢えは満たされるはずですが、逆に食が進むことが知られています。酔って食べ過ぎを防ぐ抑制心が働かなくなるなどの説がありますが、理由はよく分かっていませんでした。

グループはマウスにアルコールを与えると、食べる量が約1~2割増えることを確認。アルコールを与えた時のマウスの脳を調べたところ、普段は飢えによって食欲が増す時に働く神経細胞が活性化していることが分かりました。人為的にこの神経細胞の活動を抑えると、アルコールを与えても食べる量は増えませんでした。

この神経細胞はマウスと人で共通とのことで、人間もアルコールを摂取すると過食しやすいとのこと。お酒を飲むときには、飲みすぎだけでなく食べすぎにも注意しておかなくてはいけませんね。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学, タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)