フライトアテンダントの過去100年のコスチュームの変化を再現したファッション歴史動画が面白い!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ライト兄弟が飛行機を発明して以来、実用化され多くの人に利用されている飛行機。1930年代からは、フライトアテンダントも登場し多くの人を空の旅へと誘いました。今回は、そんな飛行機には欠かせないフライトアテンダントのファッションの変化を再現した歴史動画をご紹介します。

Sponsored Links

1930年代のフライトアテンダントのコスチュームはしっかりとしたもので、エレベーターガールなどの制服を彷彿とさせるものです。1940年代になるとフライトアテンダントのプロ用の制服が登場します。

50年代の衣装はシックなデザインですが、60年代になるとカラフルで近未来を思わせるものへと変化。70年代になると再び落ち着いたデザインに戻り、80年代は高級感のあるものとなります。

90年代になると制服としての要素が強まり、2000年代以降はタイトで露出の多いものとなりました。

国際的に活躍する職業だけに、時代の変化に敏感に反応して最新のデザインが取り入れられているのでしょうね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 文化, 歴史 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)