スカイプ創業者が仕掛ける配送コストを1/15に下げる6輪車ロボットがワシントンでサービス開始!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

各企業がしのぎを削り輸送の自動化が過熱していますが、飛行ドローンによる自動輸送よりも先に小型車両による自動輸送が普及するかもしれません。

無料通信ソフト「Skype(スカイプ)」の共同創業者たちが企業した欧州のスタートアップ企業スターシップ・テクノロジーズが製作した膝丈ほどの高さの6輪車ロボットは、自動システムの新たな波の一角を担っています。

Sponsored Links

スターシップは、この6輪車ロボットが小包や食料雑貨、調理済み食品などを配達する試験プロジェクトを、2月上旬から米首都ワシントンで開始します。

同社はスカイプの共同創業者であるアハティ・ハインラ氏とヤヌス・フリス氏が創業しました。

このプロジェクトでは半径3km圏内で、注文が入ってから15~30分以内にロボットが配送するサービスを1ドル(約113円)以下で提供することを目指しています。ロボットは歩道を走行し、スマートフォンのアプリで顧客にロボットの到着を知らせます。

6輪ロボットで、時速6.4kmで自律走行が可能。センサーを搭載しており、障害物を回避しながら目的地に向かうことができます。運べる荷物はレジ袋2つ分で、決められた区画に大量輸送された荷物を個別の目的地へと運びます。このシステムを用いれば従来コストの10分の1~15分の1で輸送することができ、自律走行で自動的に動くため、稼働時間の99%を作業に当てられるといいます。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 経営・経済 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)