物質・材料研究機構「NIMS」が行う数十年間ただじっと待ち続ける研究がスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

素材研究を行っている日本の物質・材料研究機構「NIMS」では、基礎研究のために数十年間ただじっと待ち続けるという研究が行われています。世界でも類を見ない素材研究の様子をご紹介します。

Sponsored Links

「NIMS」では、クリープ試験と呼ばれる素材研究が行われています。これは熱と力を加えながら時間が経過すると、金属がどのように劣化するのかを確かめるというものです。

長期間に渡るこの実験は、数十年間にも及ぶものもあり、その間、常に環境を維持する必要があります。

この研究は途方もないものですが、地道な研究によって素材の強度が正確に確かめられるといいます。

膨大な時間とコストが掛かる研究でありながら、パッとした研究結果が出ないため脚光を浴びませんが、こうした基礎研究が積み重なることで最新技術が生み出されているのでしょうね。また長期間の研究を支える研究者の精神力にも感服します。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)