液状化現象がどのようなものなのかよく分かる実験動画が面白い!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

地震で発生する液状化現象。地震による振動で、地下水位の高い砂地盤が液体状になるというもので、重いものが沈み込み、軽いものが浮かび上がるという性質があるため、地上の建物が沈み込んだり、地中のパイプやタンクが浮き上がるという問題が起こります。

今回は、そんな液状化現象を実験で分かりやすく示す実験動画をご紹介します。

Sponsored Links

容器に入れられた湿った砂。スプーンで混ぜますが、かなり硬くザラザラとした質感を保っています。その砂の中に埋蔵されている貯蔵タンク代わりのピンポン球を埋め、砂の上には建物代わりに真鍮の錘を置きます。

そして地震代わりに容器を振ると、驚くべきことが起こります。

容器を振動させると真鍮の錘が沈み込み、ピンポン球が浮き上がってきました。そして表面にはどこからともなく水が出てきて、完全に液状化してしまいました。

振動だけでこれだけ状況が変化するなんて驚きですね。液状化現象がよく分かる実験動画でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)