自律飛行で乗客を目的地まで運ぶ空飛ぶスマートタクシー「Ehang 184」がドバイで導入へ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

中国のドローン企業EHangが開発した自律飛行で乗客を目的地まで運ぶ空飛ぶスマートタクシー「Ehang 184」が、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで導入されることが明らかとなりました。導入は2017年7月に予定されており、すでにテスト飛行も実施しているといいます。

Sponsored Links

「Ehang 184」は、4つのアームに8つのプロペラを搭載した自律航空機で、世界初となる乗り物。1人が乗れるスペースがあり、自律飛行によって乗客がアプリで登録した最終目的地へと運びます。

「Ehang 184」の最大の特徴は自律飛行。そのため乗客はパイロットライセンスが不要です。また空を移動するため渋滞などに巻き込まれることはありません。さらに離着陸スペースが非常に小さくて済むため、巨大な滑走路が不要です。

全体の重量は約200kgで、120kgまで運ぶことができます。電池によって稼動する電気モーターで動いており、最大飛行時間は23分間。再充電には2時間~4時間を要するといいます。時速16km~時速100km程度での飛行が可能で、最大飛行高度は高度3500mにも達します。

緊急時には、乗客が飛行を停止したり、ホバリングさせたりすることが可能とのこと。「Ehang 184」という名前は、1人の乗客、8つのプロペラ、4つのアームにちなみ、「184」と名付けられました。

ドバイの道路交通局が世界政治首脳会議で発表した計画によると、すでにテスト飛行も実施しており運用の準備が進められています。

予定では2017年7月に完全運航されるとのことで、今年の夏にはドバイの空を自動運転ヘリコプターが飛び回ることになりそうです。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 乗り物, 国際, 技術・実験, 政治・法律 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)