ジブリスタッフが再結集した長編アニメ映画『メアリと魔女の花』


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

スタジオポノックの第一回長編作品である『メアリと魔女の花』が2017年7月8日に公開されることが明らかとなりました。スタジオポノックは、スタジオジブリ解散後にスタッフが再結集したアニメスタジオです。

Sponsored Links

『メアリと魔女の花』は、『借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』などジブリ作品の監督で知られる米林宏昌氏が監督を務め、プロデューサーは『かぐや姫の物語』のプロデューサーでもあった西村義明氏。2人が中心となって設立されたスタジオポノックの第一回長編作品となります。

主人公は魔女の少女メアリで、七年に一度しか咲かない花「夜間飛行」を巡る物語。「夜間飛行」は、魔女の国から盗み出された禁断の花でした。

映像の雰囲気は、これまでのジブリ作品を踏襲したものとなっていますが、果たしてどのような作品に仕上がっているのでしょうか。

ちなみに長編アニメーション作品の製作から引退を表明していた宮崎駿監督が、新作長編の準備を始めたとスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーから明かされており、こちらの展開も目が離せません。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: アニメ・マンガ・ゲーム, 文化 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)