ゴキブリの粉末で作られた「ゴキブリパン」が誕生!!小麦粉以上に栄養豊富!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

「人類の敵」とされてきたゴキブリですが、もしかすると今後数十年間で起こるとされる深刻な食糧問題を解決する「人類の救世主」になるかもしれません。

ブラジルのリオグランデ連邦大学工学部に在籍するアンドレア・ルーカス氏とローレン・メネゴン氏は、ゴキブリを粉末にしたゴキブリ粉からパンを作ることに成功しました。

Sponsored Links

2人が開発したゴキブリ粉は、ゴキブリを粉末化した小麦粉の代替食糧。通常の小麦粉よりもタンパク質が40%多く含まれており、あらゆる種類のパンを焼くことができるといいます。

またゴキブリ粉は、アミノ酸や糖質を多く含み、必須アミノ酸の量も小麦粉以上の万能食材です。

このゴキブリ粉の原料となっているゴキブリは、家庭の台所を跋扈しているものとは異なり、「Nauphoeta cinerea」という種類のゴキブリが用いられています。

ゴキブリ農場で飼育されているゴキブリは、ブラジルの保健機関の衛生条件に従って生産されており、果物や野菜のみをエサとして育てられています。

2人は「ゴキブリはタンパク質含有量が最も高い昆虫(約70%)だったので、材料にゴキブリを選びました。ゴキブリには、9つの必須アミノ酸のうち8つが含まれているだけでなく、オメガ3やオメガ9などの高品質の脂肪酸が含まれており、ほとんど100%を粉末にして使用することができます」と語っています。

また「昆虫は、人間が摂取できる栄養構造を非常に効果的に食べられるものに変えることができます。昆虫には豊富なタンパク質が含まれているため、特に栄養失調に苦しんでいる人々には効果的。人間の食生活を豊かにすることができ、飼育による環境への影響が家畜に比べて低いため家畜による環境負荷を軽減することにも役立ちます。これらの事実は、私たちを研究に駆り立てるのに十分なものでした」と述べています。

ゴキブリ粉の製造方法については明らかにされていませんが、ゴキブリを乾燥させてから細かく粉砕して粉末にしていると推定できます。2人は、このゴキブリ粉をパンのレシピの小麦粉10%分に置き換えてパンを作ることに成功しました。ゴキブリ粉入りのパンは、通常のパンに比べてタンパク質の量が49.16%増加したといいます。

驚くべきことに、ゴキブリ粉入りパンを試食した人は、通常のパンとの味の違いがほとんどなかったと語っています。さらにシリアルバーやケーキに調理すると、その味の変化はさらに分からなくなるといいます。

栄養豊富で美味しく環境にも優しいゴキブリ粉ですが大きな問題も抱えています。それは人々の意識です。

2人がゴキブリ粉パンの試食を頼んだところ、ほとんどの人がゴキブリの粉が入っていることを説明すると試食を拒否したといいます。2人はゴキブリへの意識が時間の経過で変化することを願っているとともに、ゴキブリの代用品としてコオロギ、ミツバチ、カブトムシなど他の昆虫を用いる実験も行っています。

国連は、2050年までに世界全体の人口に供給するだけの食糧生産に利用できる土地がないと見積もっています。しかし昆虫の生産には、牛やブタのように広大な土地、大量の水が不要で、温室効果ガスを大量に排出することもありません。また精肉の際のロスが少なく、生産量全体の50%程度しか肉として使えない家畜に比べて、全て粉末にできる昆虫は生産量のほぼ100%を食糧として使用できます。

食糧問題が懸念されていますが、今後は子供だけでなく大人も好き嫌いなく何でも食べなくてはいけないのかもしれません。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 文化, タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)