傷口にティラピアの皮膚を貼る火傷治療法が考案される!!傷の治りが早くなる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

火傷をすると組織が壊され皮膚が剥がれてしまいます。通常なら皮膚が剥がれた部分から感染症などを引き起こすため消毒を続けて皮膚の再生を待ちますが、ブラジルでは食用にもされる魚「ティラピア」の皮膚を傷口に貼ることで火傷を治療する新しい治療法が考案されています。

Sponsored Links

臨床試験段階だというティラピアの皮膚を用いたこの治療法。治療法はシンプルなもので傷口にティラピアのを皮膚を貼り付けるだけです。

治療を受けた男性によると、ティラピアの皮膚を傷口に貼ったところ痛みがなくなっていったとのこと。そして時間が経過すると痛みはなくなったといいます。

医師によると、ティラピアの皮膚が傷口を守るといい、水生生物の皮膚を用いた初めての治療法だといいます。この技術は臨床試験段階ですが、医師は52人の患者に対してティラピアの皮膚を用いた治療を行ったところ、複雑な治療をすることなく治療スピードが速まり治癒日数が数日間短縮できたといいます。

魚の皮膚を貼るだけで火傷の治療ができてしまうなんて驚きですね。傷の治りが早くなり痛みを軽減してくれるティラピアの皮膚の火傷治療法でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)