ゴキブリの繁殖にオス不要!!3匹のメスで子孫残せることが明らかに!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

全国に分布するワモンゴキブリはメスだけで3匹以上いると、オスと交尾せずに子孫を残す「単為生殖」が促進されるとする実験結果を、北海道大の研究チームが13日発表しました。単為生殖できる他のゴキブリも同様の性質をもっている可能性があります。動物学専門誌に掲載されました。

Sponsored Links

害虫駆除ではメスのフェロモンで雄を引きつけて殺虫し、繁殖を妨げる方法がありますが、ワモンゴキブリは雌雄両方の駆除を徹底しないと効果が小さいと考えられます。

チームはワモンゴキブリを「雌雄1匹ずつのペア」「雌1匹だけ」「雌だけ2~5匹」など11パターンで、それぞれ114組以上を容器で飼育。複数の卵が入ったカプセルのような「卵鞘」を形成するまでの期間を2回目まで調べました。

その結果、メス3匹以上では最初の形成が平均10日程度と1匹だけより3日程度早く、2回目では9日程度早くなりました。15匹以上で飼育を始めたケースでは、メスだけで3年以上もコロニーを維持していました。

匂いや物などを感じ取る触角を切除すると卵鞘形成が遅くなったため、単為生殖促進には触角で他のメスを確認することが必要だと考えられるといいます。チームの西野浩史・北大助教(神経行動学)は「集団のケースで単為生殖が進むのは、子の生存率が高くなるからではないか」と話します。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)