「子供が来たとき、終わったと思った」子供乱入で話題となった大学教授が語る!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

BBC(英国国営放送)のインタビュー中に部屋へ子供が乱入する放送事故によって世界的に有名となったロバート・ケリー教授とその一家が、乱入劇についてインタビューに答えました。ケリー教授は、「子供が来たとき、終わったと思った」と語りました。

Sponsored Links

事の発端は、韓国政治の専門家であるケリー教授が自宅でインタビューを受けている最中に発生した出来事。インタビュー中の部屋に子供たち2人が乱入し、その後に妻が子供たちを連れ去るというシュールな出来事が起こり、その一部始終が放送されるというハプニングが起こりました。

この一連の出来事はネット上で大きな話題となりました。

この放送事故について一家でインタビューに答えたケリー教授は、一連の出来事について「間違ったコメディ」と表現。ケリー教授によると、研究の際にはいつも扉のカギを閉めていましたが、この日は閉め忘れていたといい、その隙を突いて子供たちが乱入してしまったといいます。

1人目の刺客だけでなく2人目の刺客である生後9か月の息子ジェームズくんが部屋に入ってきたときには「完全に終わった」と思ったと語りました。

事件発生当時、ケリー教授は「驚きと恥ずかしさ」から暗い気分になったとのことですが、騒ぎが面白おかしく報道されていくことで「面白いもの」となり。最後には家族への「愛情」へと気持ちが変わったといいます。

またこの騒動がSNSで大きな話題となったことで、ツイッターとフェイスブックの通知が大量に舞い込み、通知設定の変更を余儀なくされたといいます。

妻のジョンアさんは、「いつも起こっていることだけで好きなことではありません。またインタビュー中に起こったのも初めてです」と語りました。

またジョンアさんが妻ではなく乳母である誤認したことから人種差別問題が提起されたことについてケリー教授は「私たちはかなり不快だった」と語りました。一方でジョンアさんは「人々は今回の件を楽しむべきで、それ以上の議論は不要。議論が止まることを願っています」と語りました。

さらにネット上で噂となっていた「ケリー教授はインタビュー中にズボンをはいていなかったのではないか?」という意見については否定。「ズボンを履いていた」と主張しました。

こちらが騒動の発端となったドタバタ劇。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際, 政治・法律 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)