サルと一緒に暮らしていた野生少女がインドで保護される!!言葉話せず四足歩行!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

インド北部のウッタル・プラデーシュ州にある自然保護区で、警察によって8歳の女の子が保護されました。この女の子、言葉を話すことも二足歩行もできないため、サルと一緒に暮らしサルに育てられた可能性が指摘されています。

Sponsored Links

見つかった女の子は「Mowgli girl」と呼ばれており、過去に大きな話題となった「オオカミに育てられた男の子」との類似点があります。

女の子は、ネパールとの国境近くにあるカルタニアガット野生動物保護区で見つかりました。女の子は2か月前、最初に木工職人に発見され、その後、パトロールをしていた警察官に保護されました。保護後は病院に運ばれ、それ以来、病院で保護されています。

現在は、女の子の身元やどの程度森の中で生活していたのかを調べているといいます。

女の子は言語を理解することができず、移動は四足歩行。また発作的に起こりだし暴れることがあるといいます。しかし徐々に人間性を取り戻しており、話すことはできないものの表情などで意思疎通ができるようになり始めたといいます。

女の子を保護する際には3匹のサルと一緒に歩いており、警察官はサルたちに襲撃されたとのことで、女の子はサルの群れの一員として生活していた可能性があるといいます。また保護されたときには洋服を着ており、また服がそれほど汚れていなかったといい、家族に棄てられた可能性が高いといいます。

野生で生まれ育ったわけではなく、理由があって家族に棄てられた可能性が高そうですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際, 自然 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)