「金子みすゞ」仕様にグーグルロゴが変更!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2017年4月11日、「金子みすゞ」仕様にグーグル検索のロゴデザインが変更されました。金子みすゞは、日本を代表する女性童謡詩人です。

Sponsored Links

金子みすゞ(1903年(明治36年)4月11日 – 1930年(昭和5年)3月10日)は、大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した日本の童謡詩人。本名、金子 テル(かねこ テル)。

大正末期から昭和初期にかけて、26歳で死去するまでに500余編もの詩を綴ったとされます。1923年9月に『童話』『婦人倶楽部』『婦人画報』『金の星』の4誌に一斉に詩が掲載され、西條八十からは「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛されました。

山口県大津郡仙崎村の生まれ。郡立大津高等女学校卒業。父は、妻の妹の嫁ぎ先である下関の書店・上山文英堂の清国営口支店長でしたが、1906年2月10日、みすゞが3歳のときに清国で不慮の死をとげます。劇団若草の創始者である上山雅輔は彼女の実弟ですが、幼くして母の妹の嫁ぎ先である上山家に養子に出されています。叔母の死後、正祐の養父とみすゞの母が再婚したため、みすゞも下関に移り住みます。同時に、みすゞと雅輔は実の姉弟でありつつ、義理の姉弟の関係となります。

1926年、叔父の経営する上山文英堂の番頭格の男性と結婚し、娘を1人もうけます。しかし、夫は正祐との不仲から、次第に叔父に冷遇されるようになり、女性問題を原因に上山文英堂を追われることとなります。みすゞは夫に従ったものの、自暴自棄になった夫の放蕩は収まらず、後ろめたさからかみすゞに詩の投稿、詩人仲間との文通を禁じました。さらにみすゞに淋病を感染させるなどした事から1930年2月に正式な離婚が決まりました。みすゞは、せめて娘を手元で育てたいと要求し、夫も一度は受け入れたが、すぐに考えを翻し、娘の親権を強硬に要求。夫への抵抗心から同年3月10日、みすゞは、娘を自分の母に託すことを懇願する遺書を遺し服毒し、26年の短い生涯を閉じました。

金子みすゞの詩は長らく忘れられていましたが、岩波文庫『日本童謡集』の「大漁」を読んだ詩人の矢崎節夫らの努力で遺稿集が発掘され、1984年に出版されるや、瞬く間に有名になりました。翌年の東京大学の国語の入試問題(1985年国語第二問)には「積もった雪」「大漁」が採用されています。現在では代表作「わたしと小鳥とすずと」が小学校の国語教科書に採用されることも多くなっています。

さらに、詩に合わせた曲をつけて音楽化されたことで、童謡、歌曲、合唱曲が多く作られるように、曲の広がりによって詩自体も広がることとなりました。またみすゞの作品の一つ「こだまでしょうか」を取り上げたACジャパンのCMが東北地方太平洋沖地震に伴うCM差し替えにより多く露出したことにより「金子みすゞ全集」の売り上げが伸び、地震の影響で重版が困難なことから『金子みすゞ童謡集「こだまでしょうか」』として急遽電子書籍化されるなどの広まりが見られました。

そんな今回のグーグル検索のロゴデザインは、金子みすゞの生誕114周年を記念したものとなっており、金子みすゞの詩の世界をイメージしたデザインとなっています。またロゴをクリックすると「金子みすゞ」をキーワードとした検索結果が表示される仕組みとなっています。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, デザイン, 文化 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)