赤、緑、青が鮮やかで美しい映画のワンシーンを集めたカラフル映画総集編動画


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

スタンリー・キューブリック監督の作品はその色使いに度肝を抜かれることもあり、北野武監督の作品は独特な青の構成から「キタノブルー」と呼ばれています。映画作品は色使いが非常に重要となりますが、今回はそんな色をテーマにしたワンシーンを集めた総集編動画をご紹介します。

Sponsored Links

こちらは赤のワンシーンを集めた総集編動画。画面全体に溢れる赤色は非常に印象的です。

情熱、怒り、暴力、愛などを表現する際に使われる赤は、映画の中でも重要なシーンの中で使われています。また赤によってキャラクターの方向性や感情を表現しています。

こちらは緑のワンシーンを集めた総集編動画。自然に溢れる緑ですが、映画に落とし込むには工夫が必要です。

鮮やかな緑は躍動的な生命感や自然を表すことができるのと同時に使い方次第では不自然を表すこともでき、異様な不気味さを演出する際にも利用されています。

こちらは青のワンシーンを集めた総集編動画。青は黒と同時に使われることが多く、陰影を生かした使われ方もしています。

青は赤に対した色であり、哀愁、恐れ、不安、安らぎ、落ち着きなどを表現する際に使われており、リズムに緩急を付けるときに使われています。

色に着目して映画を見れば、登場人物たちの心情が画面の色に滲み出ていることがよく分かりますね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 文化, 芸能, 芸術 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)