岸から沖合に向けて流れる離岸流の発生ポイントを見つけ出す方法


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

岸から沖合に向けて流れる離岸流は非常に危険なもので、岸辺で遊んでいた人がいつの間にか流されて遭難事故になることがよく起こります。今回は、そんな離岸流を見つけ出す方法をご紹介します。

Sponsored Links

離岸流とは海岸の波打ち際から沖合に向かってできる流れのことで、幅10m前後で生じる局所的に強い引き潮のことをいいます。

一般的に海では岸に向かって波が押し寄せますが、押し寄せられた波は行き場を失ってしまいます。行き場のない波は集まって一か所で海岸に向かって流れるポイントが出現します。これが離岸流の発生するポイントです。

離岸流が発生すると沖合に向かって水が移動するため周囲の押し寄せる波とは明らかに異なった流れが現れます。

離岸流のあるところでは白波が立っていなかったり、海の色が変わっていたり、海底の砂が浮き上がっていたりします。

この離岸流の発生ポイントをあらかじめ把握して近づかないようにすることで、離岸流に巻き込まれて海難事故を引き起こすリスクを抑えることができます。

海で遊ぶ前には覚えておきたい離岸流の発生ポイントを見つけ出す方法でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 自然 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)