「ウサギの楽園」として有名な瀬戸内海に浮かぶ大久野島を訪れたムービーが素晴らしい!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

たくさんのウサギたちがいることで「ウサギの楽園」として知られる瀬戸内海に浮かぶ大久野島を訪れたミカ・ムーアさんが撮影したドキュメンタリームービーをご紹介します。数百匹のウサギたちが跳ね回る世界的にも珍しいウサギの楽園をご覧ください。

Sponsored Links

「ウサギの島」として有名な大久野島。約700羽の野生ウサギが生息していると推定されており、島のいたるところに野生のウサギがいます。

ウサギたちは観光客に慣れており、自分たちから近寄ってくる人懐っこさを見せてくれます。

大久野島では、戦前および戦中、毒ガスの動物実験用にウサギが飼われていましたが、戦後には食用にされていました。その後、戦後の毒ガス関連処理の際に全羽殺傷処分されウサギは途絶えました。

現在生息しているウサギは、1971年に地元のある小学校で飼われていた8羽が放されて野生化し繁殖したという説が最有力とされています。

そして現在では、ウサギの数も爆発的に増加して2013年時点で700羽以上のウサギがいるとされており、その数は年々増加しています。

大久野島は、1929年から1945年の終戦まで、大日本帝国陸軍によって秘密裏に毒ガスが製造されていたため「毒ガスの島」としても知られています。作られていた毒ガスの種類は血液剤・催涙剤・糜爛剤・嘔吐剤の4種で、太平洋戦争末期には風船爆弾の風船部分も作られていました。さらに朝鮮戦争が始まるとアメリカ軍が接収し、島内の建物を弾薬庫として用いました。

そのため、島内には可愛らしいウサギとは対照的に物々しい巨大施設の廃墟が残されています。

過去の歴史と現在の世界的な人気の対照性は、ディストピアを経て無に帰した世界がユートピアへと変貌した様を体現しているかのようですね。可愛らしいウサギだけでなく、日本の暗くて深い闇の歴史を垣間見ることができるウサギの楽園をとらえたムービーでした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 地域, 文化, 歴史 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)