チャップマン・スティックによる『ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス』のカバー演奏が素晴らしい!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ビートルズの『ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス』を、ベースラインやメロディラインを同時に演奏できるチャップマン・スティックでカバー演奏する様子をご紹介します。まさにギターが泣いているかのような演奏をご覧ください。

Sponsored Links

チャップマン・スティックという楽器は、1970年代初頭にアメリカのエメット・チャップマンによって発明された電気楽器。両手をフレットに対して並行にして弾く“フリー・ハンズ”タッピング奏法のための新しい弦楽器を設計されました。

個別にチューニングされた10本または12本の弦を叩くように演奏し、ベースライン、メロディライン、コードなど同時に演奏できるのが特徴です。

映像では、ロバート・カルバートソンさんがビートルズの『ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス』を流れるようにカバー演奏しています。

演奏技術も選曲も素晴らしく、思わず最後まで聴き入ってしまいますね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 文化 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)