インドネシアの海岸で体長15mの謎の巨大生物の死骸が発見される!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

インドネシアにあるマルク州のセラム島の海岸に、体長15mを超える謎の生物の死骸が流れ着き、地元住民アスルル・トゥアナコタさんによって発見されました。この生物は、何なのでしょうか。

Sponsored Links

発見された生物の死骸は、水に浮いた状態で腐敗が始まっています。溶けたようになっており、何の生物なのか判別するのは不可能な状態です。

生物の正体は分かっておらず、巨大イカやクジラの死骸であると推測されています。

地元住民は、腐敗した死骸から骨を取り出して調査することを地元当局に求めています。

かなり巨大な生物ですが、幅も広く一体何なのか分かりませんね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 自然 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)